どうも、ミニマリストのマツシタケイシ(@time_is_life77)です。



ミニマリストだから何も物がないわけではありません。

どうもミニマリストは物を少なくしなければならないように、
とらえられがちですね!


僕が思うミニマリストは思考や哲学ですね。
この物が溢れてる時代に極端に物を減らして生活するのは難しいでしょう。
家族がいるならなおさらです。

それに安くていい物もたくさんあり、すべて排除してしまうと人生の楽しみも減りまよね。


なので僕はこう考えます!


自分にとって何が必要か?何が必要でないか?


ここは結構シビアに考えます!
持つもの持たないものをハッキリ分けます。

僕が持っている中で一番多いのは本で200冊はあります。
もちろん必要な本、そうでない本と分け手放してますので増えることはありません。


ミニマリストのなかには、

「ミニマリストなのに物を持ってしまってる」、「ミニマリストなのにまた買ってしまった」

「ミニマリストなのにどうしても手放せない」、「ミニマリストなのに・・・」


否定的にならなくてもいいんです!
それは自分にとって必要な物だからです!

自分にとって必要な物は手放せなくても、買ってもいいんですよ^^

それにミニマリストが手放さず残している物こそ、あなたにとって必要な物であり幸福感を得られるものだと思います。


人生の限られた時間の中で、本当に必要な物と幸福感に満たされたライフスタイルはすごく魅力的だと思いませんか?^^


最後まで残している物こそ「幸せの種」

「幸せの種」は多くてもかまわないのですよ。

そして、満開の花が咲きます^^