どうも、ミニマリストのマツシタケイシ(@time_is_life77)です。


今回の記事のタイトルは僕の大好きなフィリップ・K・ディックのSF小説
「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」のオマージュです。

この小説についてはここでは詳しくは語りませんが、小説内で「人間」と「アンドロイド」、「自然」と「機会」が登場する中で、「人間とは?」「人間らしさとは?」という大きなテーマの長編小説です。


そこで「ミニマリストは電子録(ブログ)の夢を見るか?」


「ミニマリストとは?」「ミニマリストにとっての電子録(ブログ)とは?」
をテーマに書いていこうと思います。

(なお、ここからは全て僕の主観ですのであしからず^^)





関連記事:フリーターってどうなの? 

関連記事:ミニマリストの生活 

関連記事:自由な時間と趣味の見つけ方 


・ミニマリストとは?



自分自身にとって必要なものを選択し決断できる人。

僕はそう考えています!
必要なものといってますが、ここには人も入るでしょう。
繋がっていく人、離れていく人それも選択できるということです。
ときには勇気のいる決断も必要な時があるでしょう。

ただ単に物が少ない、一般家庭にある電化製品がない、1日の食事が1回など少なけりゃいいと言うわけではありません。


本当に必要なのか?」「これは今いるのか?」「この習慣は正しいのか?」「時間の使い方は?」「お金は...?


を突き詰めて、突き詰めてはじめて見えてくるものがあります。

見えてきただけでは意味がありません。そこで選択をしないと何も変わらないのですよ!
選択をするということは決断するということ!


やる」「やらない」「捨てる」「捨てない」「変える」「変えない


こういう判断がしっかり自分で決めれるか?
優柔不断なあなたでも選択することはできます!あとは決断だけです。

僕はなにもミニマリストを増やそうとは考えていません。
ただ、誰もが選択と決断が自分自身で決めれるということを伝えたいですね^^
あたりまえですが、なかなかできないのではないでしょうか?


選択や決断を自分以外の誰かにゆだねてませんか?


・ミニマリストにとっての電子録(ブログ)とは?


まぁこれは僕にとってのブログとは?ということです。
ブログを始めたきっかけは「時間」です。


「時は命なり」


時間が命ってことに気づいたときに自分に残された時間で何ができるだろうか?と考えるようになりました。

もう一度時間の大切さや使い方を見直すためでもあり、僕のアウトプットの場でもあり、今まで経験してきたことが誰か一人にでもプラスにならないだろうか?と何かに残しておきたいと強く思うようになりました。

波乱万丈な始まりから、好きな仕事につき、やりたいことをして、手取り15万ほどのフリーターでも一戸建てを買えるということを経験し、ミニマリストになり時間とお金をある程度コントロールしてきた僕のひとつの記録として残せるのがブログだったのです!


ただいま30代後半で人生の半分が過ぎ、残りの半分の人生をどう生きるか?どう生きたいか?
を自分で選択しています。

・夢を見るか?



もちろんブログを始めたからには、アクセス数は増えて欲しいですね^^
日々少しずつですがアクセス数もTwitterのフォロワーもじわじわと増えてきています。
ブログを始めて多くの方との繋がりもでき新しい気づきと勉強の繰り返しでとても刺激がありますね。

ブログの読者の皆さん、Twitterのフォロワーの皆さんありがとうございます!


目指せ1万PV!受かれGoogle AdSense!


はたして、こんな夢を見ることができるのか?w


関連記事:ミニマリスト的思考で最速目標達成! 

関連記事:ミニマリストが残している物こそ「幸せの種」 

関連記事:Google AdSense落ちた!苦らべる(比べる)と苦しむよ