どうも、ミニマリストのマツシタケイシ(@time_is_life77)です。



断捨離してますかぁ~っ‼

断捨離すれば何もなくなるっ‼w


はい!隙あらば断捨離をしているミニマリストです^^
流石に断捨離する物もなくなってきてる状態ですが...

本日のタイトル「30代からはじめるミニマリスト
なぜ30代から?





・10代~20代は好きなだけ買おう



ミニマリストや断捨離のきっかけって必ずあると思うんですよね!
元マキシマリストや汚部屋だったりもともと物が「ある」から、物が「ない」ことの良さがよくわかると思います。

10~20代で断捨離!と必死にならなくてもその年代はむしろお金を使って自分の本当に好きな物や事を見つけるための準備期間だと思いますよ。

本当に必要な物を選択する基準をつくる感じですね^^

欲しいと思った物や食べたいと思った物、行きたいと思った場所に時間もお金も使ってしっかりと自分をつくるということをするほうがよりミニマリストや断捨離する時に活かされます。

もちろん無駄な物を買ってしまうこともありますが、それはそれでいいのです!
後になって「これ、なんで買ったのだろう?」と思う物もたくさんでてきます。
その気づきと経験が断捨離にはかなり影響します。


だから10~20代は気づきと経験をどんどん貯めていきましょう!


・30代からはじめてみる断捨離



いきなりミニマリストになるといっても難しいと思います。
よっぽどの意志の強さや決断力がないとすぐにまた物であふれかえる生活になってしまいます。

なのでまず少しずつ物を手放していく習慣をつけていきます。
それと同じくらい重要なのが物の把握です。

どれだけの物がどこに何があるのかを把握します。
把握できてない物は今後1年2年と棚や押し入れの中で忘れ去られているでしょう。

これは僕の基準ですが、1年間使ってない物は今後ほぼ使わないと思います。
これを基準に断捨離するとはかどります^^

「もしかしてまた使うかも?」

その「また」はいつなのか?試しに1年間しまっておいてください。
2年目に「また使うかも?」3年目にはどこにしまったのか忘れているでしょう!


10~20代のころと違い30代にもなると自分の好きな物や事、必要な物などの基準がはっきりしてきますよね?はじめはその基準をベースに手放していくとストレスなく断捨離できます。

物を手放すことにストレスを感じたら断捨離から一度離れましょう。
そのストレスが原因で物を衝動買いしていたのでは本末転倒ですからね...
少しずつ自分のペースで手放すコツを見つけていきます。


意志のコントロールと決断力があれば一気に80%ぐらい物を手放すこともできるようになります。


・人生の折り返し地点






僕は30代は人生の折り返し地点だと考えています。
現代の平均寿命は男女とも過去最高80歳をこえているそうです。

80歳をこえているなら40代が折り返し地点では?

病気もなく元気な状態でいられそうなのが60代ぐらいまでかなと思うんですよ。
最近のニュースでもよく目にしますが40代~60代のガンで亡くなられている方も多いですよね。
僕の親や身内も若くガンになってる人も多く身近に感じます。

まだまだ先ですが、まさか自分が?となっても慌てないように終活のことも頭の隅にはあります。
物が多いと残された人の時間やお金までも奪ってしまいます。


30代で人生の折り返し地点にきたときに物を断捨離し、60代になったときに人生を断捨離(より一層自分の生き方)ができればと思います。



・最後に



難しく考えずに断捨離に挑戦してみてください。
自分のペースでコツコツとゆっくりでもかまいません。
物が少ない生活も決して悪くないとおもいますよ^^


ミニマリストになると「心」の余裕ができ、断捨離をすると「部屋」に余裕ができ、心や部屋がスッキリすると「人生」に余裕ができます。


関連記事:ゴミ箱に捨てるまでが勝負! 

関連記事:ミニマリスト的思考で最速目標達成! 

関連記事:ミニマリストになるたった1つの必要なこと 

関連記事:ミニマリストが残している物こそ「幸せの種」 

関連記事:ミニマリストの本の断捨離術