どうも、ミニマリストのマツシタケイシ(@time_is_life77)です。


今日はざっくりと僕の略歴をご紹介しようと思います。

略歴なんて興味ないと思ってるあなた!

僕にとってこの略歴も今に至るまで凄く重要な部分となっています。


人生を大きく変えた出来事です。



  • どちらかと言えば貧乏


僕の家庭は、どちらかと言えば貧乏な家庭でしたね。
それは父親が病気で手術、入院退院を繰り返し定職についていなかったため、両親共働きで実に不安定な家庭でした。

 
子供ながらにうちは貧乏なんだなぁと気づき、欲しいものも欲しいと言いづらく我慢してたのを覚えてます。

古い2DKマンション、引っ越しをしても同じようなマンションばかりでしたね。
中学生までに何度か引っ越し、なかでも同じマンション内(7階から5階へ)で引っ越しもありました!
それには流石にビックリですよ!今思えば、凄く引っ越し貧乏ですね~。


マンションに長く住んでいたため、戸建てに凄く憧れを持つようになっていました。
特に自分の部屋!机やベッドなど友達の家に必ずあるような物が欲しかったんでしょうね~。
いつか戸建てに住めればいいなぁとを持つきっかけになりました。

  • 中学2年、それは突然に!

中学2年の頃、またもや引っ越しすることに・・・ホントもう何回目?
しかし今回の引っ越しは今までと違う引っ越しでした。

そう!念願の戸建てに引っ越しが決まったのです‼(イェーイ!)
3階建てガレージ付きの僕にとっては凄く大きな立派な家でした。

でもなぜこんな大きな家に引っ越しできたのか当時の僕は知りもせず、遊び部屋やベッドなど今までなかったものに大興奮!楽しい日々があっという間に過ぎていきます。

そして、半年ぐらいたった頃・・・


それは突然に起こりました!


正直、今でも鮮明に覚えてます。
人間の記憶って凄いですね。強烈な出来事はいつまでも記憶に残るものです。

中学2年の頃、勉強の仕方がわからなくて成績の悪かった僕は近くの学習塾に通ってました。
塾がおわり帰ろうと自転車置き場に行くとそこには、見たことのないような顔をした母親が立っていました。そしてこう一言・・・


「もう、家には帰れない。」


えっ?え~⁉家に帰れないってどういうこと?何が起きたのかさっぱりわかりません。
状況がまったくわからない僕は、そのまま家に帰ることなく一度親戚の家に行くことに。

父親以外が親戚の家に集まり深刻な話が親同士でされていても、当時の僕はまたすぐにあの大きな家に戻って前のように楽しい生活ができるだろうと軽い気持ちでいましたが、


その日を境に父親に会うことも、荷物もそのままの大きな家に戻ることもありませんでした。


父親が母親の名前で知り合いの連帯保証人になり、知り合いが夜逃げ・・・最悪のパターンです。
1億近い莫大な借金が連帯保証人の母親にかかり離婚、その後父親もどこに行ったのかわからず。
僕の人生でいちばん強烈な時期でしたね。

まぁこの中学時代の出来事が、お金に対するきっかけになりました。


・好きなことって何だろう



親戚の家やおばあちゃんの家を転々としながら学生時代をすごし、
何とか高校にも進学したもののやる気のなさマックスでしたね。


遅刻は当たり前、授業はほぼ睡眠、テストは勉強ができる友達にノートを見せてもらいその場で高速暗記、校則がそれほど厳しくなかったので1限目が終わったら外に出て朝ご飯を食べに行ったりとメチャクチャでした。

それでも留年はせずギリギリのところで踏ん張ってましたw


そもそも僕は家に大学に行くようなお金がないのもわかっていたし、大学に行っても高校と同じような生活になりそうだったし、高校卒業したという学歴だけがほしかったんですよ!

なので学校の勉強は大っ嫌いでした。


嫌いなことの勉強より、好きなことの勉強のほうが楽しい!

この頃ぐらいからオシャレに興味をもちヘアスタイルや服、アクセサリーなど自分を磨くことにはまっていきます。自分の欲しい服やカバン売ってなければ自分で生地を買ってきてはミシンで作ったり、なかでもヘアスタイルは特に興味をもち、高校を卒業したら美容師になろうと決めていました。

学生のころに自分のやりたいことがはっきりと決まっていたので美容師の道に進むためにはどうしたらいいのか探しはじめ、僕が昔から通っていた美容理容室で話をきいたところ


「うちくる?」って就職先が決まりました!


なので就職活動ってどんな感じかわからないんですよね。
好きなこと、やりたいことを声に出して行動するって大切だと学べた時期でした。


・7年の勉強と挫折



高校をなんとか卒業できた僕は、やっと勉強から解放されたと思っていたら甘かった・・・

美容理容師になるためには国家試験を受けなければならないことを知り、働きながら通信制の美容理容学校に通い始めました。


美容と理容では免許が違い出来ることも違います。働いていた先生のアドバイスを受け、美容理容どちらの免許を取ろうと理容3年半で試験を受けさらに美容3年半で試験、約7年勉強し見事両方の免許を取得!


まさか7年も働きながら勉強を続けられるとは思いませんでした。
仕事も学べることが多く、一生この仕事でやっていこうと強く思っていた矢先に・・・


ひどい腱鞘炎になる。


朝起きると右手の指が曲がったまま!ん?まったくのびない!
自分の意志では動かせない状態で最悪でした。

これじゃハサミが握れない、シャンプーできないじゃないか!


すぐに病院へ行って炎症止めの注射を打ってもらうも、15分でまた曲がる。まったくきいていない治療。流石にこのままじゃろくに仕事できないので病院の先生に相談。

すると「すぐ手術しましょう!」今から?心の準備がまだw
よくわからない承諾書にサインをし、パンイチになり緑の手術服とキャップをかぶりいざ手術台へ!


結果、治らずww一生続けていこうと頑張った7年返してw


流石に凄く落ち込みましたね~。人生2度目の大きな出来事。
でも夢や目標に向かって続けていけば達成できることを学べました。



・フリーターってどうなの?



美容仕事を辞め1年ぐらいニートな生活をしていました。
幸い、お金は100万円ほど貯金していたので不安もなくむしろ平日の昼間からあちこちでかけれるのは少し憧れでしたね。

この充電期間に次の大きな目標を決めようと色々探し始めます。
そこで決めた目標が


自分の家を買うこと!


やっぱり諦められなかったんですよね~!あの戸建ての家に。
家を買うっていくらかかるの?ローンってどうすれば組めるの?そもそも中古?新築?
わからないことが山ほど出てきて、ここでも勉強!


全額ローンはキツイと考えていたのでとりあえずお金必要だと思い、
近所の某コンビニにアルバイトで働きだします。

夜勤で週4~5回ぐらいで16万円ぐらい稼げていました。


仕事をしてからは好きな物を買い食べたい物を食べ徐々に物が増え、
なかなか思ったよりもお金が貯まりません。

早く目標を達成したい気持ちと、目の前の欲との葛藤が続きます。
買った後の後悔、食べた後の後悔について深く考えるようになったのもこの頃からですね。


物欲と執着と葛藤しながらでも自分の目標金額500万円をフリーターで達成!


昔テレビドラマでありましたよね「フリーター家を買う」でしたっけ?
意外とフリーターでもいけるんじゃない?wなんて思ったり。


しかし、ここでローンの問題にぶちあたります!
僕がさらっと調べたところ、定職まぁ正社員ですかね。ようは収入が安定していないと銀行はお金を貸しませんよってことです。

さぁどうしよう正社員かぁ~!

と思っていたら、某コンビニ複数店舗を経営されているオーナーから「ぜひ、うちで社員として働かないか?」と引き抜きの声がかかります。


ラッキー!ツイてる!何このタイミング‼


「運動」字の如く運は動いている。
チャンスや運は行動している人に訪れる
ことを学びました。


これがきっかけで無事社員になることができたのですが・・・



この続きはまた今度ということで。




ざっくりと僕の略歴を紹介しました。
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


関連記事:フリーターだった僕が正社員に⁉

関連記事:自由な時間と趣味の見つけ方