どうも、ミニマリストのマツシタケイシ(@time_is_life77)です。



今日は趣味DIYの記事です^^

皆さん、休日などで趣味に時間を使っているでしょうか?
僕は平日、休日関係なく趣味に時間を使っています。

DIYの他にも西洋書道カリグラフィーもしています「書体の魅力


特に何か作ったりするのが好きなので、引っ越ししてきて初めて作った作品をご紹介します。






・材料など




家を買ったり、リフォームしたり、引っ越ししたらまず思いつくのが表札ではないでしょうか?


表札は家の顔になりますよね!


家のつくりとマッチしてるかも重要です。

僕ははじめ郵便物の関係で急遽、段ボールにマジックで名前を書きガムテープで止めるという状態でしたw
これは流石に酷いので、DIYでサクッと作っちゃいました^^
無いものは作る派なので、できるだけ安く!簡単に!


材料や工具はホームセンターなどでそろいます。


・カット木材(僕の名前が松下なので松の木材を選びました)500円程度
・マスキングテープ
・デザインナイフ
・ニススプレー
・アクリルインク(ブラック)
・ボンド(外壁などにも使用可)
・鉛筆やペン
・新聞紙など


カット木材以外は他の趣味でも使用していましたので、


実際にかかった費用は500円だけ!w




・表札にトライ!



では表札DIY工程です。
削りカスが出るので、下に新聞紙などを敷いて作業をします。

フルネームでもよかったのですが、初めてなので姓だけにしました。

ホームセンターで買ってきた500円のカット木材に名前を入れる位置を決めたら、マスキングテープを貼ってさらにわかりやすくします。




表札5




鉛筆やペンなどでうすくサクッとフリーハンドで名前を書きます。
フリーハンドが難しい場合は字体を印刷などしてトレースしてもいいでしょう。

今はオシャレな字体などがありますが、僕はオーソドックスな楷書体に挑戦!




表札4




マスキングテープを剝がして位置の確認をもう一度します。
一発OK!字の大きさも丁度いいのではないでしょうか^^




表札3




デザインナイフで丁寧に掘っていきます。

掘り方も調べてみるといろいろあるみたいのですが、字体のまわりだけ掘ることにしました。
こうすることで字がはっきりと見えます!




表札2




ちょうどアクリルインクのブラックがあったので今回はこれで試してみました。
塗った後に一度乾かして二度塗りしました。

いい感じですねぇ~^^形になってきましたね!




表札1




アクリルインクが完全に乾いたら、15センチ~20センチほどはなしながら均一になるようニススプレーを吹き付けます。乾いたらまたニススプレーを吹き付けます。

ニスの種類や好みにもよりますが、これを3回~5回繰り返します。

2~3日風通しのいいところで完全に乾かします。


おうとつのある外壁なので表札の裏にボンドをつけテープで固定して1日おきます。



完成です!^^どうでしょうか?ちゃんと表札に見えますよね?




Screenshot_20180602-075048





・まとめ



ゆっくりとした時間があればこのように表札作りなんかにも挑戦できますね!

材料もホームセンターなどでそろいますしお手頃ですが、なかなか自分では流石にアルミやチタン、ガラス、御影石などの表札は作れませんよね。
一度お試しあれ^^




関連記事:ミニマリストが葦からペンを作ったら!

関連記事:自由な時間と趣味の見つけ方 

関連記事:書体の魅力